内容にこだわるウエディングプランナー

内容

ウエディングプランナーは、お客様に選んでもらえるような会話力の高さや、結婚式の各関係者と同時に会議などを行って準備を進めていくためのスケジュールを管理する力、スタッフが効率良く動けるように指示をする統率力など、いくつものスキルを求められます。数ある仕事の中でも特に大切な部分となるのが、関係者との打ち合わせです。

見学や問い合わせの結果、カップルが挙式を行う意思を確認したら、実際に式に向けて準備を行っていきます。短期間の間にカップルの信頼を得て、どのような理想の式を挙げたいのかという意図を理解し、確実に意思疎通をはかっていかなければいけません。ここで思い込みや判断に間違いがあると、式に大きな影響を与えます。衣装や引き出物の中身、カップルが式の中で重視するポイントなど、細かく確認して実現するために努力していくことになります。

また、ウエディングプランナーにとって見せ場とも言える演出の内容も、とても大切です。良く見られる演出としては、披露宴の際に新郎新婦がそれぞれのテーブルをまわって写真撮影をしたり、キャンドルをゲストへリレーしていき最後に消したりといったものが見られます。最近ではプロジェクションマッピングを使用したものもあり、ウエディングプランナーの手腕が問われる部分です。