ウエディングプランナーのやりがい

やりがい

人生の中で一番大切な記念日と言えば結婚式を挙げる人も少なくありません。大切な人と新しい家族を築くために家族や友人達に祝福されながら一番の笑顔と輝きで大切な思い出を作るのです。この晴れがましい日の主役である二人のために欠かせない存在がウエディングプランナーなのです。

ウエディングプランナーは営業や成約成立したカップルの挙式までのプランニング、当日の現場の管理などさまざまな仕事があります。主役の二人にとっては一生に一度の晴れ舞台であり、決して小さなミスも許されない重責のある仕事でもあります。また、クライアントの希望にそった挙式を挙げようとするほど、細かな打ち合わせや調整・準備などが必要になり手間も労力もかかります。式当日は祝日や連休が多いために、一般的な休日に休みを取ることも難しくなります。

それでも、ウエディングプランナーをすることで感じられるやりがいはかけがえのないものです。大切な人たちに祝福されて新郎新婦が最高の笑顔で挙式を終えたときの喜びと充実感は何にも変えることのできない達成感を感じることができます。

また、ウエディングプランナーのやりがいはキャリアを重ねれば重ねるほど大きくなっていくと言えます。最高の挙式を挙げるためには、さまざまなカップルが望むさまざまな結婚式のスタイルを具現化する必要があります。予算やその内容によっては実現が難しいケースもあります。それらの問題をいかにクリアしながら、二人が望む結婚式を行うための提案と具現化が腕の見せ所です。キャリアを積めば積むほどその経験や引き出しは増えていき、難しい要望にもより応えられるようになっていくのです。

ウエディングプランナーと打合せ

打合せ

結婚式には人それぞれ憧れややりたいことがあるものです。満足いく結婚式にしていくためには、そういった憧れや希望していることをきちんとつかんで、それを反映していく必要があります。そのため、ウエディングプランナーの仕事の中で最も重要なのが打合せの段階といえます。この段階でどれだけ希望を聞き取れるかということが、結婚式を成功させるカギとなるためです。

しかし、多くの方が結婚式を挙げた経験がないので、どういったところを考えるべきなのか、クライアントのほうで分からないことも多いものです。だからこそ、ウエディングプランナーが上手に希望を聞き出していくということが必要になります。場合によっては、はっきりした希望というわけではなく、なんとなくのイメージだけしかないという事もあるでしょう。そういったまだまだあいまいなイメージを具体的な形へと導いていくのがプランナーの力の見せ所です。

結婚式当日に、思い通りの雰囲気で式が挙げられると、本人たちもゲストの方も非常に感動し、うれしくなるものです。そういった様子を見ているのもプランナーの仕事の醍醐味といえます。ぜひ、聞き取る能力をやしなっていき、より良い提案ができるようにしていきましょう。