ウエディングプランナーの結婚式

結婚式

ウエディングプランナーは、結婚式のプロなので自分の結婚式を挙げるときも力を入れます。実際に結婚したウエディングプランナーの場合は、やりたいと思ったことを全てやったということです。具体的には、料理がゆっくり楽しめるようにすることと、ゲストたちに結婚式を作ってもらうことです。

まず、料理がゆっくり楽しめるメリットは全員が美味しい料理を残さずに食べられるということです。特に余興を頼まれた人は、時間がないのでお皿にそのまま食べ物が残ってしまうことが多いです。他にも、食事の時間がゆっくりしていないとお喋りも十分にできません。せっかく二人のために集まってくれたゲストにゆっくり料理を楽しんでもらえるように、プログラムを念入りに考えたということです。

2つ目のゲストに式を作ってもらうというのは、ゲスト全員に一体感が生まれるような式ということです。花のコサージュを用意しておいてゲストにつけてもらったり、お色直しで花嫁が主役になってしまう時にクッキーをプレゼントして渡して歩くなど、ゲストとの一体感を大切にしたようです。

これだけみると特別なことは何もしていないように見えますが、普段から他人の式を見ているウエディングプランナーだからこそ気づくことができる大切な点がカバーされています。