ウエディングプランナーの仕事

仕事

結婚式の準備や計画、その当日までウエディングプランナーの人は様々な仕事をこなす必要があります。これから結婚するカップルのために、予算や衣装などたくさんのことを決めなければいけません。資格として存在している職業ではないものの、カップルの要望などを良く理解し、それを実現するために働く難しい仕事と言えます。具体的にすることは大きく3種類に分けることができ、まずは式場へ来たカップルへの提案を行う業務があります。

自分の会社で式を挙げてもらえるために、どんな式をすることができるのかや、どれくらい希望にそうことができるかなどを伝えます。次に、式を行うことが決まったら日にちを決めたり、式場のレイアウトなどの詳細を決めていきます。カップルと打ち合わせを進めていくと同時に、司会や照明、料理などを担当する各スタッフとも連携をとらなければいけません。

結婚式の当日は、ウエディングプランナーにとって最も大切な日で、準備した通りに式が進行しているか確認し、トラブルが起きた時にはすぐ対処できるようにする必要があります。式が無事に終われば、後片付けなどの仕事が待っています。勤める場所は式場に限らず、ホテルやプロデュース会社などもあり、どこで経験を積んでいくかも重要な要素です。

ティアラ

当日のウエディングプランナー

当日

ウエディングにおけるプランニングとは何か。字面通りなら結婚式の計画者、設計者という意味です。成約したカップルと初めは何もないところから話を膨らませていき、やがて部分部分が見えてきてその後全体としての形を整えていくウエディングには、いろいろな場面がありますがそれらをトータルでプランニングして、当日の式に向けて仕上げていくのがウエディングプランナーですから、プロデューサー的な資質も持っていなくてはなりません。

つまりすぐれた発想者であり、その発想を膨らませるためのいろいろな情報の引き出しを持っている人でもあり、それらを地道に組み立てていける人であり、最後にまとめあげることができるひと。それがプランナーです。

プランニングは設計図にあたりしっかりしたコンセプトを打ち出さなければならないし、設計のバランスが悪いといろいろと不都合やアクシデントを招きやすいものです。そういった意味ではプランニングこそが、プランナーの腕の見せ所であり、最もイマジネーションを働かせるべき重要な仕事です。発想力がまず求められ、知識と経験に裏打ちされた実現力がそれに伴わなければなりません。求められるレベルは常に高いし、責任も重いので大変な仕事といえます。

ブーケ